Facility/LEOチャンバー

低地球軌道(LEO)試験チャンバー(プラズマ環境)

低地球軌道(LEO)試験チャンバー

<低地球軌道(LEO)試験チャンバー>

LEOのプラズマ環境を模擬するためのプラズマ源を持った真空チャンバーです。このプラズマ源はHAYABUSAにも搭載されいる無電極のプラズマ源です。これまでにこのチャンバーでは多くの人工衛星の帯放電試験が行われてきました。また人工衛星の試験の他にも宇宙機の帯放電に関する基礎研究開発に利用されています。

設備仕様

チェンバ諸元:

寸法 直径 1m×奥行 1.2m
到達圧力 10-4 Pa
ターボ排気速度 300 l/s
プラズマ源 種類 ECRプラズマ
プラズマ密度 1011~1012 m-3
作動時圧力 2×10-2 Pa

付属機器:

  • 放電位置特定システム
  • 放電波形高速取得システム
  • ラングミュアプローブ
  • 太陽電池電気性能取得用メタルハライドランプ
  • 放電波形高速取得システム
  • ベーキングランプ